女だけどつむじがハゲてきた…どうすればいい?

とても衝撃的なことですが、実際にいます。

ハゲという表現は少し言いすぎかもしれませんが、そう遠くない未来かもしれません。


地道に対策を取りつつも、手っ取り早くできる対策やその方法も知っておくことが大事です。

正解はウィッグ(かつら)?

一番早く、てっぺんの薄い部分を隠すことができるのは、ウィッグ(かつら)です。

今は、ウィッグはどこにでもありますし、かぶっている人もかなりいます。


見た目がウィッグだなってすぐにわかっても、おしゃれですし、特に恥ずかしいことではありません。女性の場合。


暑い時期は、ちょっとムレてしまうかもしれませんが、薄毛や、つむじのハゲの部分を表面に出すよりはいいと思います。


ただ、種類が多いので、選ぶには時間がかかります。
自分にあったもの、ナチュラルなものを探す必要があるのです。


てっぺんの部分だけ、というのはなかなかありませんので、本当にその部分だけ、ということであれば、オーダーメイドのものがいいかもしれません。


ウィッグに関してはこちらのものが人気です。


ウィッグ専門店ならではのノウハウが組み込まれています


医療用ウィッグとして有名なビーナス

レディース植毛

植毛という選択肢もあります。

女性なので、髪は特に大事だと思うのですが、さいあくそういった選択肢もある、ということです。


できれば、植えるよりも髪を育てる方向でなんとかしたいものです。

ハゲの治療?AGA

アデランスやアートネイチャーといった植毛とはちがった、薄毛そのものを治療してしまお言うというクリニックもあります。

育毛剤の使用

女性用の育毛剤も増えてきました。

種類も多いので今回はここでは、紹介することはやめておきますが、また準備が整ったら濃く紹介したいと考えています。


地道にサプリでもいい

そもそも薄毛になっている理由を、考える必要があるのかもしれません。
いくらウィッグをかぶったとしても、薄毛が進行してしまってはちょっとさみしいことになりそうです。


ウィッグでフォローしながら、そもそも毛髪の地盤である頭皮の環境を、整えていくことができれば、安定し、それが将来の不安を拭えるようになるでしょう。


そうすることによって、いずれはウィッグに頼らなくても良くなるようになるかもしれません。


そのためには、まずは睡眠やストレスなど、生活習慣の改善も必要です。
その上で、食事や栄養バランスも大事、ということで、それを補助するために、サプリの摂取をオススメします。


女性用サプリについては、こちらでも買いしてますので、よろしければどうぞ。

まとめ

女性版つむじの薄毛・ハゲについては、対策、方法はいくつかあります。
深刻な悩みであることは確かです。

緊急度と予算に合わせて方法を選んで対応していくことが望ましいですが、今はコロナの関係でカウンセリングなどは少々難しくなっているかもしれません。
オンラインやメールでまずは相談を受け付けているところがあれば、申込みを検討してみるのも一つです。

ただし、オンラインだといっても、いずれは通う必要があるかも、と考えている場合は、できるだけ通える範囲内であることを確認してからがよいと思います。